AGA治療はまず薄毛を自覚すること

自分をハゲと認めれなかった3つの逃げハゲ

投稿日:2016年4月1日 更新日:

こんにちは、こんばんは―。

まほろばです。

 

今回はワタシ自身が

治療開始を遅らせてしまった原因の

「自分をハゲと認めれなかった」

3つの原因をお伝えします。

 

3つが3つあてはまる人は

少ないと思いますが、

参考になれば幸いです。

 

ハゲあるあるです。

 

①昔からおでこが広いと思い込み

ワタシは昔から

おでこが広い傾向にありました。

しかしそれが危険信号。

 

かなり鋭角にM字ハゲが

進行しているのにも関わらず、

 

「まだ大丈夫、まだ大丈夫」

と根拠のない自身。

 

なかなか治療に踏み出せずにいました。

根拠のない「まだ大丈夫」

 

②天然パーマ

天然パーマのハゲにとっての弱点は

なんとなくボリュームが

多く見えるところ。

根拠のない「まだ大丈夫」

 

③ハゲが目立たない髪型にしてた

ハゲる部分にもよりますが、

・O型(脳天ハゲ)

初期段階は7:3分などで目立ちにくくなる

・M型(生え際両サイドハゲ)

初期段階はソフトモヒカンor

ボウズで目立ちにくくなる

・MO混合(脳天ハゲ+生え際両サイドハゲ)

初期段階は7:3分+

ソフトモヒカンなどで目立ちにくくなる

・C型(生え際センターハゲ)

初期段階はソフトモヒカンor

ボウズで目立ちにくくなる

 

「ヤバイな少しハゲてきたな」

と気づいた時、自然とハゲが

目立ちにくい髪型にするのが普通です。

これは間違いないと思います。

 

ヘアスタイルよりも

ハゲ隠しに走る。

自分もそうだったんです。

 

これはかなりの危険信号で、

ハゲを目立ちにくくする髪型に

しているがために、

実際の現在の状態を

なかなか受け入れることができない。

 

心境としては、

自分がハゲている部分なんて見たくない

ハゲている部分が隠れている→

ハゲていないという

錯覚を起こさせてしまう。

これが一番危ないと感じました。

 

まとめ

①昔からおでこが広い方は

ハゲが進行しても

「まあ昔から広かったんだ」と

プラスに考えてしまう。

 

②天然パーマの方は

ボリュームがあるように見えてしまう。

 

③ハゲが目立ちにくい

髪型にしている方は

ハゲと自覚しにくく、

現実逃避する。

 

ハゲは認めたもん勝ち!何故か?

早期治療の方が復活する確率が

断然高くなる。

 

このDHTが毛根に入りこみ、

細胞分裂をさまたげ、ヘアサイクルが乱れ

AGA(男性脱毛症)を進行させ続けると…。

再起不能となってしまう場合があります。

 

しかし、まだ初期・

中期の男性脱毛症(AGA)の方は、

完璧に復活する可能性があるんです。

 

そのためにも、

まず自分はハゲと認めましょう!

それが、次のステップに進む

きっかけとなります!

パソコンアドセンス

スポンサードリンク

パソコンアドセンス

スポンサードリンク

-AGA治療はまず薄毛を自覚すること

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール



はじめまして、まほろばと申します。

ヘアメディカルAACクリニックでAGA(男性脱毛症)の治療を受けています。

さまざまなAGA(男性脱毛症)治療がある中で、頭髪治療専門病院に通院するタイプのAGA治療を始めたきっかけや、処方される薬のご紹介、診察の体験談、効果報告などをお伝えしていけたらと考えています。
これからAGA治療を始められる方の参考になればと思いスタートしました。

まずは無料カウンセリングがオススメです。
ワタクシも最初のきっかけとなりました。
【ヘアメディカル】



プロフィールをもっと詳しく見る
プライバシーポリシー
運営者情報
お問い合わせ